こんなアレルギー2010年09月11日

○久々の画像です。
 こちらはある食品のパッケージに記載されているアレルギー表示。


 すごく前に書いた事なのですが、
 僕には、ある食物アレルギーがあります。


 それはマツタケアレルギー。

 本当に強烈なアレルギーで、少しでも口にすれば顔がパンパンにむくれ、気管支が狭くなり、いわゆる一つの命の危機に陥ります。


 マツタケアレルギーなんです、と人に言うと、
 「ホントにそんなアレルギーあんの?」みたんな顔をされます。


 厚生労働省は7つの重大なアレルギーを定めていて、
 それが入っているかどうかをパッケージに記すよう義務づけています。
 その7つの食品とは、「卵」「乳製品」「小麦」「そば」「落花生」「えび」「かに」。
 (「えび」と「かに」は最近新たに加えられたものらしい)

 そして、その他にも18個の有名な食物アレルギーがあり、
 こちらは「表示努力」という感じで、出来るだけ表示せよという事にしているようです。

松茸めぇぇっ!

 それが上の画像――


 ありますよね、「まつたけ」が。

 ご覧いただいて分かると思うのですが、
 中には「え? こんなアレルギーもあんの?」というのもチラホラ。

 オレンジ、キウイ等の果物類は、僕としても意外です。


 しかし、マツタケアレルギー――
 こいつのお蔭ですっかり僕は秋が嫌いになりました。

 料理屋で、季節ものとしてよく出されるのがこのマツタケです。
 至極のサービスとして出してくれるのですが、僕としては断るしかない。
 なんか本当に申し訳ない……

 一番困るのが、注文前に、
 「食べられないものがありますか?」という店員の質問。

 これに「マツタケ」と答えるのがとてもイヤなんです。

 マツタケを出すお店だったら問題ないのですが、
 そのつもりがなかったら、微妙なイヤミに聞こえるような気がしてならない。
 マツタケ出る前提で話す事になるので。

 だから僕は、マツタケと言った後に「アレルギーなんで」と付け加えるようにしています。

 で、それを言った後、必ず返って来るのが――
 「そんなアレルギーがあるんですか。へ~」

 ……これはこれでメンドくさい。


 そんなワケで、このページをご覧になった方、
 こういうアレルギーがある事を、是非、世に広げてほしいんです。
 お願いします……



○このマツタケに関する顛末――


 ある料理屋でマツタケの土瓶蒸しが振る舞われた時の事。

 僕は上記の通り、マツタケアレルギーなので他の料理に替えてもらいました。
 (この、「他の料理に替えてもらう」というのも、
  お店の方にとても気を遣ってもらう感じで、僕はイヤなんです…)


 それで何が出たか――――


 シメジの土瓶蒸し。


 ……なるほど。
 まあ、『香りマツタケ味シメジ』と言いますが……
 
 これはこれで、なんかすんごく寂しかったのを覚えています。



○ちなみに、僕は、食物アレルギーではありませんが、
 他にもいくつかのアレルギーを持っています。


 それは、花粉症と猫。


 どちらも鼻水が止まらず、目がものすごく痒くなる、
 という食物アレルギーに比べたらカワイイもの。

 だけど、ツライ。
 (猫そのものは嫌いじゃないのに……)


 だから、春も嫌いなんです。
 夏は暑くてダメ……

 でも寒いのは我慢できるので、とりあえず好きな季節は冬という事になります。
 新潟人だし。