渋谷のAppleStoreで初ジーニアスバー!2012年11月07日

昨日の深夜の事なのですが…

突然、愛機であるMacBookAirのWi-Fi通信速度が、劇的に遅くなるという現象が発生。

Mac再起動、PRAMクリア、アクセスポイントの再起動などなど、それらしい処置を施してみても改善せず…
速度測定すると50Kbpsを切るというドン亀ぶり。


──電話回線か! というかそれ以下か!


ちなみにiPhoneも自宅の同じ無線LANなのですが、こちらは異常なしという。

──どうしちゃったのよオレのMacBookAir…!


かなり悶々としたオーマイガッ状態で、本日、都心にて用事を済ませたのです。
しかし、その用事が思いのほかスムーズに終了。
時間に余裕があるという状況に!

しかもマイバッグにはMacBookAirが鎮座ましましている。
現在地は、渋谷まで電車で30分もかからない場所。


これでジーニアスバーに行かずにいられようかいやいられない(反語)。

シャレオツなアポーストア
【こちらはシャレオツなAppleStore銀座店(渋谷店の写真を撮り忘れた)】


てなワケで、iPhoneの『AppleStore』というアプリで
不祥イシバシ、生まれて初めて渋谷AppleStoreのジーニアスバーを予約したのでアリマス。


iPhone数タッチで1時間後の予約が完了。


オレ、ちょークール

とか思いながら。ホント、便利な時代です。



で、渋谷AppleStoreに到着して、ジーニアスバーに着座。
内心ドキドキです。

だって、店内を見渡すと、割と外国人店員が多いんだもの。

なんかヒップホップ臭満載のアフリカ系店員さんなんかもいたりして、もしその人が相手だったりしたらどうすんだというかオレ英語自信ないしハ〜ウドゥユードゥ〜あいきゃんのっとすぴーくイングリッシュグッバイあーはーんYeah!ハイタッチてな感じで立ち去るしかない…みたいな感じで、要するに緊張していたのですが現れたのは気の良さそうなお兄さん店員。


で、この方がものすごいMac愛に溢れていたんです。

親身になって僕の話を聞いてくれた上に、
しまいには僕のMacBookAirを

『この子はですねー』

とか言ってくれたほど。


好きな事を仕事に出来ているのだなぁと感心しきり。


それで肝心のMacBookAirはどうなったのかと言うと──

自宅ではあれほど悪戦苦闘したにも関わらず、AppleのWi-Fiにはいともあっさり繋がるという。
ハードウェアテストも異常なし。
(自宅の無線LANがMacBookAirに対してのみ何らかの支障を与えているのでは…という結論)

ちなみにハードウェアテストをかけている間、ちょいと時間がかかるので僕はお兄さん店員とMac談義。
楽しかった!


でもその間、僕はある事が気になって仕方なかった…

それは、僕のMacBook Airの壁紙。










こんなのや。


こんなのなんだもの。


鉄ヲタですか? てな事は一切言われる事なかったのですが、
でも絶対ぇ心の中で反応してんだろうなぁこのお兄さん…とか思ってしまう卑屈なアタクシ。


カエトクベキダッター。



そんなこんなで、それなりの改善策を教えてもらって帰宅。


準備万端で自宅のWi-Fiに繋げた途端──



普通に戻ってやがる。


なんなんだ、ウチのWi-Fi…?


まあ、ジーニアスバーを体験できたから良しとするか…と無理やり自分を納得させたひと時でした。

勝手にヌカ喜び2012年11月10日

おとといぐらいでしょうか。
郵便局からこんな封書が届いたんです。

それは『本人限定受取郵便物到着のお知らせ』なるもの。
差出人はソフトバンク。
【アメリカンな開け方をしてみた】


宅急便で言うところの不在通知なのでしょうが、その割にちゃんとした封筒で、
しかも受け取りは直接集配局に行くか、近くの集配局(普通の郵便局ではダメらしい)に置いてもらうか、自宅に届けてもらうか。
自宅に届けてもらうにしても、事前に電話で『ご本人を確認できる資料』──例えば免許証などの番号を伝えておかなければならないという、ベリーベリーめんどくさいシステム。


なんか大げさすぎね?



ここで僕は、ぴんときた。


ひと月ほど前、iPhone5に機種変したんです。

その時、抽選でなんか当たるかも──みたいな事を言われた事を思い出したのであります。


ははぁん、これってもしかしてもしかすると!
お父さん自転車とか当たっちゃったんじゃないの?

うおおおお、まーーじーーかーー!!

うんうん、あれデカいもんなぁ。
自宅に届けて不在だったら郵便局員もケッなんだよこの家こんな重いもの届けさせといて留守たぁどういう事だ二度と来るかバーカバーカとか思わせないように局留めみたいな感じにしてるに違いなくそれすなわち何かトテツモナイものが当たったという証拠に他ならないのダやったぜ大ちゃん!


そんな、マジで心躍る5秒前(略してMK5)状態の中、
本日、実際に届いた郵便物がこちら──






こんな紙切れ1枚…


紙っ切れ1枚!


ペラッペラの紙切れ1枚だぜ!?



単に古いiPhoneの下取りが確定したよんという通知だったのです。


うおおおお、まーーじーーかーー…!

がっかりだ…
がっかりで首うなだれすぎて頸椎折れるわ。


…いや、おととい届いた通知書をよく見るべきだった。
差出人がソフトバンクではなく『ソフトバンクテレコム(株)』であった事に…!
そう、古物取引商がらみで一時期話題になった、あのソフトバンクテレコム。


にしても、ここまでせんでも>送り方。

免許証と本人のチェックが厳密で、本人以外はたとえ天地がひっくり返っても、いやひっくり返ったら受け取るどこの騒ぎじゃないけど、とにかく家族でさえもこの通知書は本人じゃなきゃ見られないようになっているのですが、
その通知書にはハッキリ言って大した情報は書いていない。

これがパスワードとか携帯電話番号といった機密情報が記されているなら分かるのですが、
家族が代理で受け取ったって別に構わないものです。


それとも、アレでしょうか。
金ナシな旦那さんが奥さんにねだってGETした特別小遣いを実はiPhone5に使ってしまい、
「あんた、何なのこれ! iPhoneなら持ってんでしょ!」「いや、これは最新機種なんだ!」「うちはビンボーなのにキーーーー!!!」みたいな夫婦喧嘩を防止しようという策なのかもしれない。


…まあしかし、経費もかかるだろうにこれほどまで厳密にするとは。
個人情報を絶対漏洩させないというソフトバンクの姿勢に感服するべきだと思うのですが、
個人的には、すごいものが当たったかもしれないという所からの落差が激しすぎ。
というか、単なる愚痴なのでスミマセヌ。

オンエア終了しました2012年11月13日

明日(11月14日)、水曜夜7時(テレビ東京系列)から。
第28話
「サッカー対決! 坂本VS沖田!!」
のオンエアです。

この話の脚本を僕が担当させていただきました。

また、今回は夜8時までの1時間スペシャル。
(#28と#29が放送されます)
お時間のある方はぜひ!

ちなみに、BSジャパンでも土曜夕方6時より放送しております。


そしてしつこく↓
オバマ再選 おめでとう記念。


※※※※※
オンエア終了しました。
ありがとうございました。